おうち

de

​コンピュータサイエンス

​Creative Computing Design Lab

2020. 12.26 

10:00~11:30

​全体概要

コロナが流行する中でも、

家でプログラミング学習体験ができる

ワークショップを開催します。

​感染シミュレーションを

作ろう

概要:

NetLogoを用いて感染シミュレーションを作成します。
現在流行しているコロナウイルスやインフルエンザウイルスなどの感染症が人々にどう感染していくのかをシミュレーションするプログラムです。コンピューターを用いて本格的なプログラミングを学ぶことができます。

対象年齢:中学1-2年生

料金:無料

定員:4

推奨環境:
PC(Macまたはwindows) Net Logo6.1.1.
zoomアプリ Webブラウザ(Google Chrome)
crecoNENU(画面共有ツール)

注意事項

・事前にNetLogo(http://ccl.northwestern.edu/netlogo/6.1.1/)、

   zoomアプリ、Google Chromeのインストールをお願いします。

 お使いのPCに合ったものをダウンロードしてください。
・カメラはONでご参加ください。
・研究室で作成した画面共有ツール

 (https://apps2-creco.si.aoyama.ac.jp/speeker/CreCoMENU/)

 を使用しますので、このURLを保管し、

 PCのセキュリティで画面共有が許可されていない場合は許可をお願いします。

 (環境が整わない場合お断りさせていただく場合があります)
・下記の記載の同意書をお読みの上ご応募ください。

​撮影同意許可について

「おうちdeコンピュータサイエンス」は、我々のプログラミング教育研究の成果を展示するとともに、研究として 実際の学習者の学習過程を分析することが意図されています。当該研究分野の研究発展のために、ビデオ、写真撮影にご協力いただけますよう、お願い申し上げます。
 撮影されたビデオ、写真は、学習過程の分析に利用され、その結果が学会、論文などに掲載される可能性がございます。その際のデータの取扱においては、研究倫理規定に従い、個人情報を保護し、分析過程では匿名化した上で処理します。また、上記学術利用以外の目的には一切使用致しません。

応募フォームはこちら

​↓

​締め切りは12月20日まで

​青山学院大学 松澤研究室

© 2023 by STEM Camp. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now